09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

久々にオフショア

2012年06月24日
6/23…中潮
本日はご無沙汰のオフショアの話でも…
先週は中止になったものの、今週は好条件がピンポイントで当たり出船出来ました。
最近釣りと遠ざかっていた、鯛ラバは初心者の会社のS氏と同行です。
S氏は2000円で調達して来たロッドと会社のM氏から借用したリールでの釣行。M氏からはロッド&リョウガも借用していたのですが、ロッドは自前のを使うとの事。

ポイントに到着して早々、エソが入れ食い状態になりました。
S氏も特大カナト様を掛けたのですが、安物ロッドの曲がり方が面白すぎるw
イメージ
ベンディングカーブのイメージ。写真を撮っておけば良かった。
S氏が魚を掛ける度に船長と大爆笑していましたw 掛かった魚が大きいのか小さいのかサッパリ分かりません。
魚の大小はドラグの出具合で判断していたのですが、程なくして結構ドラグが出る魚を掛けていました。
私の方にラインが走ってきたので、自分のラインを回収。S氏のラインを見ていると、なぜか水面に向かって走り出しエラ洗い。シーバスです。しかもデカい。
ロッドの曲がり方が余りに面白いので船長が写真に撮っていました。
浮いてきて「さあランディング!」と船長がタモを出そうとした瞬間、S氏は何を血迷ったかラインを持って抜き上げようとしました。4kgくらいあろうかというのに。

船長&私「無理!無理!無理!無理!無…(省略)」

叫びも虚しく、一瞬宙に浮いた瞬間にラインブレイク。
宙を舞ったあと水の中に帰っていくシーバスが横で見ていてスローモーションに見えましたw
ヤラかした本人は当然放心です。

事件後、少し移動してファーストリトリーブで私の鯛ラバにガツガツとアタってきました。
アワセたいのをじっと我慢して、重量が乗ったところで電撃アワセ。
フッキングに成功しました。軽いけど、一定間隔で「コンッ…コンッ…」と来る感触。ようやく念願の本命です。上がって来たのは塩焼きサイズ。
次のリトリーブでも着底直後からアタりました。
しかしなかなか重量感を感じず、アタりがで始めてから7~8mくらい巻き上げた所でやっと竿先が絞り込まれたので電撃アワセ。連チャンです♪
最初は大して引かなかったものの、しばらくして10mくらい走って行きました。走り出すとなかなか止まらなかったですが、意外とすんなり上がって来ました。引きの割にデカかった。
大鯛♀
(クリックで拡大)
パッと見でナナマルはオーバーしているのは確実でした。
綺麗なメスです。

ワイワイ言いながらもしばらくすると、モゾーっとした重量感のある感触がしてガツガツと断続的にアタり始めました。なかなか重さが乗らないので少し巻き上げを速くして7~8m巻いた所でやっと重さが乗ったので電撃。
フッキングに成功しました。こちらは掛けた瞬間から良く走りました。始めは少し巻いてはそれ以上走るという感じでしたが、時間が経つとようやく走る距離より巻く距離が上回るようになりました。
浮いて来た魚は前回よりデカい。
大鯛♂
(クリックで拡大)
引きの通りのサイズでした。
立派なオス鯛です。

ロープに吊るして血抜きします。
血抜き中
ナナマルオーバーを2匹吊るすと結構な迫力。

釣った時間帯は丁度船中ラッシュでしたが、この後はアタらなくなり沈黙しました。
残りは夕マヅメでレギュラーサイズを一尾追加して終了。
私が釣った本日の鯛は4枚。大鯛は測ってみると71cm、74cmでした。

本日は船中でナナマルオーバーが乗り合いの方が2枚、私のを含め計4枚出ました。優秀です。
雨も降らず、風も程よい感じで良い日でした。
夕日
夕焼けも綺麗でした。
次回は食べ頃サイズを釣りたいです。いくら船長がハラワタを抜いてくれたとはいえ、帰ったあとに解体するのが超大変だったので。
スポンサーサイト
鯛ラバ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。